ゆるりとひとり親暮らし

いきなりひとり親になりました。

旦那と死別してもうすぐ1年経つわたしが伝えたいこと。

 

 

あと1ヶ月ほどで、

シングルマザー2年生になる

おちょこ母さんです☺︎

 

今年に入ってからは、

あっという間でしたねー。

 

わたしがいきなりシングルマザー

になったのは去年の10月。

 

いつもと変わらなく

すぎて行くはずの日に

突然の出来事でした。

 

あまりに突然のことに、

実感もなく、

 

その時はとにかく、

子どもたちが

このことに

耐えられるかが心配でした。

 

それからの1週間、1ヶ月、

葬儀や、手続き、引っ越しなどで

バタバタ過ごしました。

 

悲しみは耐えつづけました。

 

落ち着いてきても、

心にはぽっかり穴が

あいているとは

こうゆうことなんだな

という日々を過ごしました。

 

声にも力が入らない。

 

それでも、

日常を送れたのは、

子どもたちがいたからでした。

 

今は、

ふつうに毎日を送れてはいます。

でも、まだ受け入れきれてはいないです。

 

あーこれが現実なんだなー、

と何度も何度も思い知らされます。

 

わたしは旦那をなくし、

子どもは父親をなくし、

母は子どもをなくし、

弟は兄をなくし、

 

それぞれの思いで

今を生きています。

 

 

苦しくて苦しくて

泣いても泣いても

もうどうしようもなくて

誰にも当たれなくて

家族にも心配かけられないと

車の中でひとり叫び泣いても

 

日常を送らなければならない。

日々は待ってはくれない。

 

でも、

少しずつ、

少しずつ、

少しずつ、

落ちついていきます。

 

突然死別された方の

理由はさまざまですし、

残された家族は

これからの不安もあります。

 

ですが

わたしも、

死別された方の

ブログを見て、

なんとか過ごせたように、

 

 

今、

とてつもない悲しみに絶望して

どうしようもないあなたの

小さな希望になれば。

 

どんなにつらくても、

必ず少しずつ前に進めます。

 

きっと、

これから悩むこともありますが、

 

少し気持ちが前向きに

なれた時に、

わたしが決めたことは、

 

楽しむこと

無理しないこと

 

ひとりで

子供を育てる身になった今

 

頑張りすぎて、

死んだら

それこそ本末転倒です。

 

不安だけど、

なんとかするしかないですしね。

 

 

こうなって、

いちばん思うことは、

 

ああしておけばよかった

こうしておけばよかった、

 

旦那に対する後悔ばかりです。

 

けんかもしたし、

口数も少ない人だったけど、

 

こんな自由なわたしを

文句言いながらも、

好きなようにさせてくれました。

 

こどもたちにも

やさしかった。

 

今になって、

あなたがどんな気持ちで

過ごしていたのか

理解できる気がします。

 

本当にいるのが

あたりまえでした。

 

こんなわたしと

結婚してくれてありがとう。

 

わたしと結婚してなかったら

こんなことにならなかったんじゃないか

とか、

 

もっと幸せだったんじゃないか

とか。

 

でも、

人の気持ちはわからないから、

 

考えてもしょうがないことは、

考えないようにしないとね。

 

 

ありがとう

ごめんね

ゆるしてね

あいしてるよ

 

 

わたしたち家族は、

これほどまでに

悲しいことはこれから

経験することがないんじゃないだろうか。

 

 

つよくなろう。

 

でも無理はしない。

 

人生は

なにがあるか

ほんとうに

わからないですね。

 

書こうかな、

と思って、

ブログに書いても、

なかなか書けなかったのです。

 

ようやく書けました。

 

 

必要なひとに届くといいです。