ゆるりとひとり親暮らし

いきなりひとり親になりました。

今年3度目の大腸カメラ。

今年3度目の大腸カメラでした。

 

もう慣れたものです。

 

検査のドキドキよりも、

今回の結果次第で、

処置しないかもしれないという不安での緊張で

ドキドキでした。

 

今回は、

いつも診察してくれる先生が検査してくれました。

ちょっと嬉しかった、、、

 

大腸カメラで大変だと思うこと

 

今回検査する場所は、

前回、直腸造影検査もしたところでした。

 

大腸カメラしながら、

造影検査もしながらとのことで、

いつもよりも大がかり感がありました。

 

3度も大腸カメラをして思うことは、

高校生の時にした胃カメラよりはだいぶましだということ。

 

ただ、当日の下剤がつらい。

 

朝の6時から飲み始めます。

 

わたしが飲んだ下剤はモビプレップというものです。

 

コップ1杯を10分かけて飲みます。

モビプレップを2杯飲んだ後に、水を1杯飲みます。

 

1杯10分ずつ、1クールをトータル30分かけて飲みます。

 

これを3クール飲んで様子を見ます。

 

今回、1クール目は順調でした。

10分もかからず飲めちゃったくらいです。

 

しかし、2クール目。

 

モビプレップを水で飲みこまないと飲めなくなってきます。

この寒い時期に水はつらいので、

モビプレップを一口飲んではお湯を飲んでと、

空腹のお腹にモビプレップが効いてきます。

 

味は梅風味ということですが、

やっぱりまずいよ~。

 

注意書きに、

吐き気などがある場合はすぐに中止してくださいとありますが、

まずくて吐きそうなのか、モビプレップによる吐き気なのか分からない 汗

 

1クール目を終えてもなかなか便意もこないので、

とりあえず2クール目まではがんばろう。

と2クール目突入。

 

心を無にして飲みつづけます。

 

が、

一回ちょっと戻してしまう、

 

こうなるともう、

身体が受け付けない~。

 

でも、だましだましモビプレップを一口飲んでは、

お湯を飲んでを繰り返し2クール目までなんとか飲みきりました。

 

2クール目の途中から、

だんだん便意がくるようになり、

もう、2クール目で出切らなくてももう飲めない。

と思っていたのですが、

 

2クール飲み切った後、

7、8回くらいトイレに行き、

ここまで出たらなんとか大丈夫だろうと思えたので、

わたしの場合は2クール目でモビプレップを終了しました。

 

2ℓ作ったうちのだいたい1ℓくらい飲みました。

 

もうこれ以上は無理、と思っていたのでよかった~。

 

大腸カメラのなにがつらいかって、

この下剤が一番つらい~。

 

調べると、他の下剤もあるようなので、

またしなければならない時は相談してみようと思います。

 

モビプレップはおなかも痛くならない点はいいのですかね。

他の下剤がわからないのでなんとも言えませんが。

 

今回は、

いつもより食事を気をつけていたので、

空腹には耐えられました。

 

わたしの行っている病院では、

前日の昼、夜のごはんも食べるもの(レトルトだけどまあ美味しい)を買うので、

それしか食べないのもいいのかもしれませんね。

 

あとは、お茶と透明の飴玉で空腹もしのげました。

 

 検査はもう楽勝でした、なんせ3度目なんで

 

いつもは担当医の先生じゃない方、先生?だったのですが、

今回は、いつも診察してくれている担当医の先生が検査してくれました。

 

ちょっとここつらいかもよ、

というところでいちいち声をかけてくれました。

 

やさしい、、、( ˘ω˘)ポッ

 

でも、3度目なんでちょっとのことじゃ大丈夫そう。

ほんとに余裕でした。

 

テレビみてる感覚で腸が映っている画面を見ている感じ。

 

途中、造影剤を入れてレントゲンも何回か撮ったようでした。

 

見ながら説明してもらいました。 

 

心配していた狭くなっているところも、

狭いけれども処置するほどではないようだとのことで、

ひとまず安心しました~。

 

もし狭かったらバルーンで広げる処置か、

外科手術みたいなことになるかも、

とのことだったのですが、

バルーンするほどでもないかな~ということでした。

 

よかったよ~泣

ほんとによかったよ~(´;ω;`)

 

とりあえず来週に診察なので、

また聞きにいってきます~。

 

検査までに気をつけたこと

 

前回の直腸造影検査で、

腸が狭くなっているということで、

詰まってしまわないように消化のいいものを食べてください、

と言われていました。

 

看護師さんが食べ物の一覧をくれたので

それを見て食事は気を付けました。

 

それまで毎日のように飲んでいたコーヒーはやめて、

代わりに紅茶やお茶、お湯を飲むようにしました。

 

朝起きてお湯を飲むようにしました。

 

 

お菓子なども基本NGにして、

ちょこちょこ食べていたチョコレートなどもやめました。

 

どうしても甘いものが食べたい時は、

あんこものなどを食べてしのぎました。

 

脂肪分の多いものもNGということだったので、

極力やめました。

 

 

ラーメンとかカレーとかですね。

どうしても食べたい時はちょっとだけ。

 

よく食べたものは、豆腐とかヨーグルトとか。

 

詰まりやすいといわれる、

きのこ類、こんにゃく、海藻類などもなるべく食べないように。

もちも好きだけど怖いからちょっとにしました。

 

ただ、1,2週間もすると、

ちょっとゆるくなってきてしまい、

揚げ物なども食べちゃったり(;´∀`)

 

しまいにはラーメンも食べました。

でもなんとなくつけ麺にしてみました。

 

スープはまずいかな~と。

でも、1回だけですよ~。

 

コーヒーがたまに飲みたくなった時は、

カフェインレスのコーヒーを飲みました。

 

ローソンにはカフェインレスがあるのですよ~。

 

とにかく、

よく噛んで食べるようにしたり、

お湯を飲みながら食べたり、

食べ過ぎないように注意はしました。

 

制限していたおかげか、

前より甘いものが食べれなくなりました。

 

食べ過ぎることもなくなったかな?

 

あとは、意識して深呼吸するように。

 

気付くと、おなかに力入れてることがあるんですよね。

そういう時って息止めてるんです。

 

そう気付いた時には、

おなかに空気をおくるような気持ちで深呼吸しました。

腸も広がってるイメージで。

 

たぶんですが、

わたしの場合は狭いけれど、

まだいいほうなんだと思うのです。

 

詰まりやすい人は、

まさかその一口でみたいなこともあるみたいですね。

 

詰まってしまうと、

ほんとに大変なようです、、、

 

食べたいものが食べれないというのは、

なかなかつらいものですが、

詰まってしまうとそれ以上につらいです。

 

わたしも狭くなっていることに変わりはないので、

これからも気をつけて食べようと思います。

 

これで保険にも入れそう

 

来週の診察まで確定ではありませんが、

夏から続いた検査の日々がようやく終わりになりそう。

 

長かった~。

 

しばらく保険に入っていなかったのですが、

ひとり親になってしまったので、

保険に入らなくちゃいけないな~と思っていたのです。

 

これで心置きなく保険に入れそう!

 

またなにかある前に、

とにかく保険にはいろう。

 

どの保険に入ろうか検討中です~。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

読者登録はご自由にどうぞ☺