ぐうたら主婦はおうちで仕事をしています。

おうちで仕事している主婦の日常。

【家しごと】ナチュラルな洗濯槽洗い、酸素系漂白剤で引くほど汚れが出てくるよ。

f:id:little-work:20170902092434j:plain

 

今週は、

下の娘が風邪を引いてしまい、

家にいることが多かったからか、

ちょこちょこ家のことをできてスッキリしています。

(子供のものがそこら辺に散らかっているのは除く)

 

とどこおりなく家のことができていると

やっぱり気持ちがいいですね。

 

忙しいと家のことがどんどん溜まっていきます。

 

スッキリしているということは、

家のことはゆっくりできるほど

ゆとりがあるということなんでしょうね。

 

ありがたいことです。

 

時々、

毎月20万とか稼いでいる人がいる一方で、

わたしって毎日なにやってるんだろう~。

 

と、ふと思うことがあります。

 

でも、そうできる人もいれば、

出来ない人もいるし、

やらないと決めた人もいるし、

 

いろんな不安も出てきたりもしますが、

自分の決めたことだし、

こうして、家のことをしているのは幸せです。

 

と、休日の物思いにふけったところで、

洗濯槽洗い、いってみよー!

 

目次

 

 

洗濯槽洗ってますか?

 

f:id:little-work:20170902095542j:plain

 

みなさん洗濯槽どのくらいの頻度で洗いますか?

 

我が家は、もうそろそろやばいかな~となってきてからで(´_ゝ`)

半年に一度くらい洗濯槽を洗っています。

 

本当はもっと短い頻度ですればいいんですが、

半日かかると思うと、ギリギリまで放置してしまいます…

 

もっと短い頻度ですればそんなに汚れもたまらず、

時間もかからないのかもしれないですね。

 

 

洗濯槽の汚れの原因は?

 

ほとんどの人が毎日洗濯をするのではないでしょうか?

 

そうすると、

洗濯機を毎日使うということは、

毎日水に濡れている状態になります。

 

お風呂もそうですが、

水に濡れている状態が続くということは、

カビが発生しやすくなります。

 

洗濯機の中は、

目では見えにくいので気づきませんが、

実は、結構汚れているものなんです。

 

洗剤などの残り、

髪の毛、皮脂汚れなどが雑菌と合わさり、

カビが発生してしまいます。

 

洗濯機の汚れでもっとの気になるのが

黒カビです。

 

たまに、洗濯ものに小さい黒い汚れがついていませんか?

それが、黒カビですね...

 

また、洗っても洗濯もののにおいが気になるとか、

洗濯槽が匂う気がするというのも、

洗濯槽の汚れが原因かもしれません。

 

酸素系漂白剤で洗濯槽を洗おう!

 

ドラッグストアや、ホームセンターでも、

たくさんの洗濯槽洗いが売られていますが、

 

洗濯槽洗いにおススメするのは、酸素系漂白剤です。

 

いろいろ試した中でも、

酸素系漂白剤で洗濯槽を洗うと、

 

引くほど黒カビがでてきます…

 

通常、

洗濯槽洗い用に販売されているものは、

塩素系が多いです。

 

まず、塩素系は匂いがあんまり好きではないので、

プールの消毒みたいな匂いですかね?

 

しばらく使ってないので忘れてしまいました。

 

”混ぜるな危険”という時点で怖い...

 

アレルギー持ちの家族の洗濯物を洗うので、

できれば洗濯槽を洗う時もナチュラルなものがいいです。

 

酸素系漂白剤は、

過炭酸ナトリウムと言われるアルカリ剤です。

 

まず、匂いがありません。

とりあえずあの嫌なにおいがないのは嬉しいです♩

 

 酸素系漂白剤には、

液体タイプと粉末タイプがあります。

 

液体タイプは弱酸性。

粉末タイプはアルカリ性です。

 

洗濯槽洗いには、

粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

 

いつもわたしが使っているのはこちらです↓

 

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

 

粉末タイプは、水に溶けると弱アルカリ性になり、
強い発泡力で汚れを浮かせて落とします。
 
 

洗濯槽そうじの手順

 
◎準備するもの◎
 
酸素系漂白剤 ゴミすくいネット
 
 ゴミすくいネットはこういうのですね。

 
 
①洗濯機に高水位までお湯ををいれます
 
 水でもいいのですが、
 40~50度くらいのお湯が一番効果的です。
 
②酸素系漂白剤を500gほど入れます
 
 少なすぎると効果が弱まります。
 500gから1㎏けちらず入れましょう。
 
③洗濯機を回します
 
 5分ほど洗濯機を回して、
 洗濯槽全体の汚れを浮かせていきます。
 
④そのまま放置
 
 2、3時間ほど放置します。
 時間があれば、半日放置しても。
 
 夜お風呂上りに、風呂水を入れて、
 そのまま一晩おくといいかもしれません。
 
⑤浮いたゴミを取り除きます
 
 2、3時間もすると、黒カビがどんどん浮いてきます。
 むしろ、洗濯機をまわしている時にもけっこう汚れが出てきます。
 
 この浮いたゴミを、ゴミすくいネットで取り除きます。
 
 これがけっこう取りずらいです。
 全部取り除くのは不可能なので、ある程度がんばって取り除きます。
 
⑥再度、洗濯機を回す→ゴミを取り除く 
 
 洗濯機を回すと、ゴミが上のほうに浮いてきます。
 気になる人は洗濯機の洗いで回す→ゴミを取るを繰り返して、
 できるだけゴミを取り除きましょう。
 
⑦排水する
 
 ある程度、ゴミを取り除けたら排水します。
 排水すると洗濯機の下のほうにゴミが落ちるのでそれをふき取ります。
 
⑧再度、水を入れて洗う→排水、ふき取るを繰り返す
 
 洗濯槽洗いがはじめての人や、しばらくしていない人の場合、
 2、3度はこの作業をする必要があります。
 3回くらい繰り返せば、だいぶ気にならないと思います。
 
 そんなに汚れていなければ1回でも大丈夫です。
 
⑨仕上げに洗濯槽乾燥があればしておきましょう
 
 
 
ゴミを取り除いて、
また、水を入れて排水して、
の繰り返しにけっこう時間がかかります...
 
 
1ヵ月に1度くらいするようにすれば、
ここまで時間がかからないのかもしれませんね。
 
できれば、1ヵ月に1回とか決めて出来たらいいですよね...
 
 
時間のある休日に、
ぜひ酸素系漂白剤で洗濯槽そうじしてみてくださいね☺